森鴎外のドイツ日記

日本に帰って図書館で鴎外全集の最後に「独逸日記」を見つけ、早速読みました。 アウア―バッハスケラーで鴎外の絵を見て、どういう風に暮らしていたのか、あの寒さとどうやって付き合ったのかとか、、興味があったのです。 ベルリンからライプツィヒ、ドレスデン、ミュンヘンへ移動しているのですね。 当地で会った日本人やドイツ人の先生の有名な名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランクフルトの大聖堂でオルガンを堪能

翌日は日曜日、午前中マイン川の向こう側の美術館通りを散策。 2つの教会を見て、戻る途の橋に王様が立っていました。 トランプの王様のようなお顔、飾り気のない素朴な冠、、、誰でしょう? 通りがかりの人が「多分カール大帝だろうと思う。」とのこと。 それから駅の方に向かうと大聖堂が見え、丁度12時頃で沢山の人が集まっていました。 大き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライプツィヒからの列車で意外なお喋り

予定を殆ど終えてフランクフルトへ向かう列車はワイマール、エルフルトを通ります。 これらの街も40年前に観光して回った所。 エルフルトから乗って来た大荷物を持った若い女性が隣に座り、パソコンを熱心に打ち始めました。 邪魔しては悪いので、静かにしていたつもりでしたが、次の駅に停まった時思わず「アイゼナッハだわ」と声を出してしまいました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more