食事は日本が最高!

ヨーロッパのオペラハウスでのオペラや、教会の石の壁に反響するオルガンやソプラノなどを聴きたくて何回かヨーロッパに行きましたが、耳の御馳走は満足でも、こと食事についてはこれは美味しいと思う経験が少なかった様に思います。 記憶に残っている美味はウィーンの牛肉のスープ、ミュンヘンの茹でた白ソーセージ、イタリアのジェラート、ニュルンベルグの焼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頭の皮まで準備して、、プロは違う!

宇都宮の合唱団で20年以上歌っていますが、最近はソリストの先生方が時々合唱の練習時にレッスンして下さるようになりました。 今年の春頃いらした先生が、自分声部が歌わない間は次に歌うまでにその準備をしておく、、、腹部や腰の準備、喉の奥を上げて、、は私の予想する準備でしたが、目をかっと見開く、頭の皮まで準備してから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森鴎外のドイツ日記

日本に帰って図書館で鴎外全集の最後に「独逸日記」を見つけ、早速読みました。 アウア―バッハスケラーで鴎外の絵を見て、どういう風に暮らしていたのか、あの寒さとどうやって付き合ったのかとか、、興味があったのです。 ベルリンからライプツィヒ、ドレスデン、ミュンヘンへ移動しているのですね。 当地で会った日本人やドイツ人の先生の有名な名…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランクフルトの大聖堂でオルガンを堪能

翌日は日曜日、午前中マイン川の向こう側の美術館通りを散策。 2つの教会を見て、戻る途の橋に王様が立っていました。 トランプの王様のようなお顔、飾り気のない素朴な冠、、、誰でしょう? 通りがかりの人が「多分カール大帝だろうと思う。」とのこと。 それから駅の方に向かうと大聖堂が見え、丁度12時頃で沢山の人が集まっていました。 大き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライプツィヒからの列車で意外なお喋り

予定を殆ど終えてフランクフルトへ向かう列車はワイマール、エルフルトを通ります。 これらの街も40年前に観光して回った所。 エルフルトから乗って来た大荷物を持った若い女性が隣に座り、パソコンを熱心に打ち始めました。 邪魔しては悪いので、静かにしていたつもりでしたが、次の駅に停まった時思わず「アイゼナッハだわ」と声を出してしまいました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風邪にもマケズ、ペースメーカーにもマケズ ドイツ旅

ドイツで旅行中に体調を壊し、病院で診てもらうことになりました。 1番の原因はオランダで少々走って汗をかいたのがいけなかったように思います。 今年の2月のヨーロッパは大変冷え込んだ様で、私がこれから一人で回る予定のザクセン地方は1番の底冷えと天気予報に出ていました。 オランダのゴッホ美術館で、どうも下痢気味、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパの教会で聴くオルガン

ヨーロッパに行く一番の理由は教会や大聖堂でパイプオルガンを聞くこと。 天井の高い石の壁にオルガンの音が反響するのが魅力です。 圧倒するような荘厳な音もいいのですが、空気のように柔らかい音色は包まれるようです。 日本にも教会で聴けなくもないのでしょうが、石の壁の反響のある所は捜すのも大変かと思います。 勿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バッハの聖地ライプチヒへ!

ドレスデンでは瓦礫の山から蘇ったフラウエン教会とゼンパーオーパーを見て、且オペラも聴きました。 これもこの旅のメインです。 「魔笛」か「魔弾の射手」か迷いましたが、他の事情も合わせて魔笛を見られる日に合うオランダ、ベルギーの団体旅行を予約しました。オランダからドイツに入り 、ケルンの大聖堂を見学、古代ローマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドレスデンのフラウエン教会に行ってきました

40年前初めての海外旅行で東ドイツを巡り、記憶違いかもしれませんがドレスデンでフラウエン教会とゼンパーオーパーだった瓦礫の山を見て来ました。 戦後随分経っているのに壊れたままでした。 ゼンパー歌劇場が結構早く修復されたようですが、私はまだ子育て中で行くに行けない状態でした。 2005年だったか?フラウエン教会も復活したこと、それもオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご無沙汰しております。受難のドーナッツクッション

冬からずっと休んでしまいました。 指を動かすと、手頸がピリッとひきつるのでクリックするのが辛かったのです。 まだ痛みますが、再開します。 まずは菜々の話。 少し前になりますが、菜々が私の座っているドーナッツクッションを敵とみなし始めました。 私が座っているにもかかわらずガブっと噛みつき、渾身の力で引きちぎろうと必死です。 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

清川妙さんの著書は知恵が沢山!

年末からこの方清川さんの溌剌 生き生き人生を読んできました。 5冊くらい読み進むうち、途中から書き留めました。 素晴らしい知恵を紹介します。 英国のお友達が何を頼んでも「お安い御用!」というニュアンスで 「Lovely job!」との返事。 あえて直訳的に「楽しい仕事」 「仕事は楽しい」「楽しいは仕事」と勝手に置き換えてみま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

万葉集は宝物

10年くらい前ですが、宇都宮の書店で84歳で英国に行った女性の本に目が留まりました 手にしてパラパラと中を見て置いてしまった本ですが、帯に50歳を超えてから、本格的に英語を勉強し始めた、、と書いてあったのと、小柄なかわいいおばあさんが背の高い英国人と一緒に撮った写真が記憶に残っていました。 最近黒磯の公民館でこの本を見つけ借りて来ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

可愛い踊り!

このお正月にいらしたご家族の一番幼いお子様がお兄ちゃんたちのヴァイオリンに合わせて踊ります。 その可愛い仕草! 音楽に乗っているのはよく伝わって来ますが、幼さが独特の動きを作り、可愛い踊りになりました。 動画で撮ればよかったと残念に思っています。 久しぶりに背中から首にかけてゾゾーっと嬉しさが走りました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胃カメラ

昨日今年の宿題だった胃カメラをとうとう体験しました。 麻酔をしましたのでお酒に酔ったようだな?と思っていたら眠ってしまい、1時間半位で自然に目が覚め終わっていました。 怖がることはなかったんですね。 お医者さんも友達も結構辛いと言っていたので、子供みたいに脅えていたのです。 結果は異常なしとのこと。 ホッとしました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Fの発音

ある時ふと 富士山のフは英語表記では何故「F」を使うのかしらと思いました。 「ふ」なのだから「Hu」で足りるはず。 東京の地図に府中とか船橋とかも「F」を使うのかしら?、、、と ただ日本人のためのローマ字と英語圏の人たちに分かって貰える日本語の読み方は違うのでは?と思いました。辞書で「H]から始まる言葉を調べたところ、「HU]…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の晴日は菜々ちゃん大忙し!

冬のお日様の温かさは猫が一番わかっている様です。 日の当たる窓辺の何か布製の物がある上に、丸くなって寝ていらっしゃいます。 その姿を見つけて「あなたいい所にお住まいねえ!」と背中をなでたりします。 ついでにおなかと顎の下も。 唯、太陽は時々刻々動くものですから、菜々ちゃんもそれに合わせて移動します。 だか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリー・ポッターのラドクリフ君が更に幼く可愛い!

昨日やっと「デビッド・コッパ―フィールド」のDVDを観ました 。 7~8歳位の気弱でナイーブそうな少年を演じています。 うつむいた頬に涙が流れるのが似合う、色白の大きな目の可愛い坊やです。 表情も自然で、ハリー役にマギー・スミスが推薦したのも納得です。 ハリー・ポッターの映画に出演した他の俳優たちも何人かいました。 去年の5月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌ってみると、、+出会い!

先日歌ってみて初めて素晴らしさが実感できるというようなことを書きましたが、出会いというものもあると今また感じています。 バッハの「狩のカンタータ」はいつの頃からか聞いていましたが、NHKで若い女性のピアノ演奏で聴きました。 今迄特に気にも留めなかった第9曲が、突然心にしっとり入って来て 虜になってしまいました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英語のアクセントは発音より大事

中学高校で習った英語では 正確な発音が教えてもらえず、聞き取りができない劣等感を持ち続けています。 発音が大事という先生と、前後の言葉から推測できるから大丈夫という英米の方と様々な意見がある中で、最近アクセントの方が発音より重要ではないかと思うようになりました。 というか、アクセントが発音を決定するので、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジェイムズ・スチュワート主演「スミス都に行く」

私は政治には全く疎いですが、アメリカ大統領選を通して暗い思いを払拭できません。 何か悪いことがあると、誰かを悪者にしたり、短絡的で簡単な方に傾く傾向を、かつて私たちは経験したのではなかったでしょうか?と問いたいです。 そして暴力は良いことは何も生み出さず、悲惨だけを残す、、、と。 ある人が人類の歴史は平和と戦争の繰り返しで、平和と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more