ウイーン国立歌劇場の「影のない女」

久しぶりです。 コロナでひっそりと暮らしていました 久しぶりに『影のない女」を聴いて胸が揺り起こされた感じでした。 「ああ、オペラってほんと好き!」「人間の声って最高!」 私のお気に入りは 染物師とその妻が離れ離れで歌う小さな2重唱です。後半の冒頭です。 お互いを愛しく思う夫婦のこの歌を聴…
コメント:0

続きを読むread more

カウフマンの「運命の力」

😃久しぶりに「運命の力」を観ています。 先日放映のコヴェントガーデンの上演です。 カウフマン、アンナ・ネトレプコ,フルッチョ・フルラネット,コルベリ、ロバート・ロイド、、と豪華な顔ぶれです。 バリトン、バスの3人は相当のお年の筈ですが、声は衰えていないのでうれしかったです。 「運命の力」はなかなか上演されない演目だと思います…
コメント:0

続きを読むread more

いよいよレイチェル・リンド夫人と対面!

💥アンがマリラたちに引き取られることになる前は、咲き誇る花たちに会ってもすぐに孤児院に戻されてしまい、別れがつらくなるので、庭に出る勇気もなかったアンが、やっとお庭の花たちやご近所の小川や橋、泉、藪などとお近ずきになり、目を輝かしてグリーン・ゲイブルスの周りで発見した興奮を逐一報告しては、マシュウの満足げな微笑みを誘います。 マリ…
コメント:0

続きを読むread more

心優しいマシュウ ②

🎀前回マシュウがマリラに無言で アンを引き取りたい、と意思表示をしましたが、それが功を奏してマリラに引き取るのが自分たちの責任のように思えて来た、、、という風に事態が流れたあたりでした。 雇った以上はとことん働かせるタイプのブリュエット夫人に引き渡すか,,と聞いてマシュウは言います。 「たとえ犬だって、わしのかわいがっている…
コメント:0

続きを読むread more

マシュウっていい人!

🎀少しづつ読み進んでいる「赤毛のアン」も明日で6章が終わりそうです。 「何故女の子が来たのか問い正しくて来ただけ」と,「錐のような」ブリュエット夫人にアンを預ける気にもならなくなったマリラが家に帰って マシュウをホッとさせたあたりです。 マシュウは一言 ”Well, now" とか、長くて2行くらいしかしゃべりませんが、…
コメント:0

続きを読むread more

ヴェルディのすすり泣き

前回リゴレットとジルダの2重唱でジルダが泣いているさまが音符になっている様、、と書きましたが、「ドン・カルロ」のフェリペ2世の「一人寂しく眠ろう」にも伴奏に泣くような半音2つのフレーズが繰り返されます。  諦めの境地みたいな寂寞としたものを感じます。 もう一つヴェルディのオペラで ここはすすり泣きだわ と思えるフレーズがあったので…
コメント:0

続きを読むread more

リゴレット

🎵随分前からリゴレットにハマっています。 「悪魔め鬼め」のアリアの直前に4拍の休みがあります。 これが聞きたくて、と言ってはいけないですね、この4拍分を心で数えるのがしたくてここばかり聞いています。 ここは音がないからこそリゴレットの怒りが伝わって来ます。 怒りだけではなく、手塩にかけて育て、ひた隠しに守って来た…
コメント:0

続きを読むread more

ベートーベンになりたい!

💢先日朝比奈隆さんの「私の履歴書」を読みました。 島根でベートーヴェンの3番を聴いた女の子がアンケートに答えて 「大きくなったらベートーベンになりたい!!」と多分親御さんの代筆で書かれていたそうです。 団員と何度も その一行を読み返し、「彼女は音楽を通して神の閃光を浴びたのではないか?」などと語り合ったとありました。 …
コメント:0

続きを読むread more

古き良きフィガロ

⛽先日ブックオフで 「フィガロの結婚」のDVDを買いました。 普通のオペラは舞台上のセットでの上演をの録画した物がDVDになっているのが多い中、これは実際のお城の中で撮影されたものです。 1949年制作 フィガロをヴィリー・ドームグラーフ・ファスベンダーが歌っています。 メゾのブリギッテ・ファスベンダーのお父さんです。…
コメント:0

続きを読むread more

「秘密の花園」読んじゃいました

🚩小学校か中学の時、ダイジェスト版を読んだ記憶がありますが、最近子供に戻っているのか?懐かしくもあり、見直してもいるので、図書館の方に大人版があるか訊くとちゃんとあるのですね。 今年だと思いますが、「100分で名著」という番組で「ハイジ」が取り上げられて、これは読まなきゃ、、と思いました。 本の内容ももちろん、朗読が素晴らし…
コメント:0

続きを読むread more

日本語を一所懸命学ぶイギリス青年

💥私たちのH先生はイギリス人ですが、日本に来たくて、来る前から日本語を勉強していたそうです。 2年前は書道紙を「カク,ミチ、カミ」と読んでいたましたし、「石炭」の「炭」に「岩」を書いたので、私たちが「火」を入れるのだと言うと、「岩」の□の中に小さく「火」を入れて 可愛い!と皆の笑いを誘いました。 ですが、今年の夏休みに随分勉…
コメント:0

続きを読むread more

「秘密の花園」のDVDを見つけました

✨1993年制作の「秘密の花園」が図書館にあり、思わず手に取りました。 マギー・スミスがわからず屋の家政婦を演じています。 孤独感をギターのつま弾きで、春の花の成長や、花園の天国的な幸福感を 子供のコーラスで表現していました。  アンにしても、ジェイン・エア、デビッド・コパフィールド、このメアリーも全て孤児です。 …
コメント:0

続きを読むread more

なぜティーポット?

また「赤毛のアン」の話です。 前回のアンがギルバートの頭に石板を叩きつけて壊してしまったこと、 そしてその後の子供たちの反応、 この大騒ぎになったことを書いた章の題が「A TEMPEST IN THE SCHOOL TEAPOT 」なのです。 これが全く分かりません。 「A TEMPEST IN …
コメント:0

続きを読むread more

「赤毛のアン」を何故英語で読む気になったか、、

💥2年ほど前に姉が持っていた文庫本の、、つまり少年少女文学全集ではない「赤毛のアン」を読んだことに始まります。 5年生の時小学校にあったアンを読み、中学に入って、図書室に「赤毛のアン」の8冊?が揃っていたのです。 「アンの娘リラ」まで一気に読みました。今思うと それも完全な全文ではなかったのですけれど、、。 で、大人向…
コメント:0

続きを読むread more

「赤毛のアン」勉強します!

👠言語版赤毛のアン 買っちゃいました! 9月23日に到着、その日から一行づつ始めています。 殆ど1年位前から、魅力は感じていましたが、全文勉強するなど 気の遠くなる話で自信が無かったのですが、 思い立ったが何とか、、、で、何歳までかかるかわかりませんが、ここまで英語が好きなら続くような気がして「えいやっ!」と 買…
コメント:0

続きを読むread more

”a ”一つでえらい違い!

英語のクラスで、誰かが 「引っ越した」と言いたくて、"I moved a house " と云いました。🏠 するとH先生は 紐 で何かを引っ張る動作をして、カタコトの日本語で、「オモイ(重い)」と云います。 I moved house なら引っ越した という意味になりますが、 a house と云う風に…
コメント:0

続きを読むread more

散歩してたら

🐶先日散歩してましたら、見覚えのあるダルメシアンに会いました。 「あなたはマックス君?」と訊くと連れていた方が、マックスは亡くなりました。 この子は「ランスロット」です。」と仰いました。 「まあ、ランスロット!」と感嘆の声をあげると、「わかって下さいます? なかなか知ってる方がいなくて、、」と仰います。 「勿論、アーサ…
コメント:0

続きを読むread more

今 英語にハマっています

8年前から英語で話すサークルで、まずい英語で日常を語っています。😃 宇都宮のこのようなクラスで英語を楽しんでいる方から、イギリス人は5分に1度ジョークを言うわよと聞いていました。 2年前からイギリス出身のH先生に替り、英国人は本当にジョーク好きだと痛感しています。 5分に1度爆笑のクラスです。 病み上がりで、トイ…
コメント:0

続きを読むread more

ご無沙汰して申し訳ありません。

ご無沙汰をお許しください。 去年の冬大腸がんの手術を受け、退院までは順調だったのですが、うちに帰った途端2か月間もんどりうって苦しみました。先生にも こんな例は少ないと言われました。 何度も突然病院に行き、担当ではない先生にも「助けてください!」と駆け込み、なんとか春になるころ安定してきました。 唯、長く立っていられず、疲れやすく…
コメント:0

続きを読むread more

食事は日本が最高!

ヨーロッパのオペラハウスでのオペラや、教会の石の壁に反響するオルガンやソプラノなどを聴きたくて何回かヨーロッパに行きましたが、耳の御馳走は満足でも、こと食事についてはこれは美味しいと思う経験が少なかった様に思います。 記憶に残っている美味はウィーンの牛肉のスープ、ミュンヘンの茹でた白ソーセージ、イタリアのジェラート、ニュルンベルグの焼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more