テーマ:万葉集

ライプツィヒからの列車で意外なお喋り

予定を殆ど終えてフランクフルトへ向かう列車はワイマール、エルフルトを通ります。 これらの街も40年前に観光して回った所。 エルフルトから乗って来た大荷物を持った若い女性が隣に座り、パソコンを熱心に打ち始めました。 邪魔しては悪いので、静かにしていたつもりでしたが、次の駅に停まった時思わず「アイゼナッハだわ」と声を出してしまいました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

清川妙さんの著書は知恵が沢山!

年末からこの方清川さんの溌剌 生き生き人生を読んできました。 5冊くらい読み進むうち、途中から書き留めました。 素晴らしい知恵を紹介します。 英国のお友達が何を頼んでも「お安い御用!」というニュアンスで 「Lovely job!」との返事。 あえて直訳的に「楽しい仕事」 「仕事は楽しい」「楽しいは仕事」と勝手に置き換えてみま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

万葉集は宝物

10年くらい前ですが、宇都宮の書店で84歳で英国に行った女性の本に目が留まりました 手にしてパラパラと中を見て置いてしまった本ですが、帯に50歳を超えてから、本格的に英語を勉強し始めた、、と書いてあったのと、小柄なかわいいおばあさんが背の高い英国人と一緒に撮った写真が記憶に残っていました。 最近黒磯の公民館でこの本を見つけ借りて来ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小澤征爾とドナルド・キーンの対話を聞いて

先日このお二人の話を聞く番組があり、途中からしか見られなかったのですが、結構面白かったです。 キーンさんが日本文学に精通していらっしゃるのは有名ですが、いい時代のオペラをたっぷり聴いていらっしゃるのが羨ましかった事、そして日付までしっかり記憶していらっしゃるのには驚きました。 「フィデリオ」の 恐怖が支配していたということとナチズム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more