テーマ:独り言

お腹の脂肪は減らない!

入院食は少ないめなのは健康的で理に適っていることは解っていますが、この冬の入院中やはりいつも余計に食べていたのだ!と思いました。 お昼は結構お腹いっぱいと感じるほどでしたが、朝と夕食はいつもの私の食事の7割くらいでした。 ずっと寝ているのだし、あれ以上は胃に負担がかかると思います。 7割くらい、、とは思いつつ お腹はすきませんでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハ短調ミサを聴いたら

先週ハ短調ミサの「 Et incarnatus est」の事を書きましたが、久しぶりに聞いてみたら、虜になってしまいました。 先週はずっと聞いていました。 楽譜も読みながら聞くほど熱心に! 本当に天上の音楽ですね。 で、やはり思ったんです。 手術中にこんなのを聴いていたら、私このまま天国に行っても構わないわ!なんて気になりそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会津に ポンペイの遺跡が、、

去年の秋主人の時間が突然空いたので、急遽会津迄行ってきました。 鶴ヶ城の後、武家屋敷、西郷頼母の家族、女性たちの壮絶な死を見学、「そなたは敵か味方か?」と瀕死の子供が問うたこと、官軍でありながら「味方です」と答えてあげたとのこと、、。 日本人同士で戦うなんて、、、と思わずにいられませんでした。 翌日飯盛山で白虎隊の自刃の場に行って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菜々ちゃんのお気に入りのTV番組は天気予報です。

菜々ちゃんは動くものに反応します。 天気予報士の示す棒や低気圧、高気圧の時間毎の動きにムキになって追いかけます。 雪だるまの印で雪が降っているのも,傘に雨が降っているのも気になるようです。 前足で触ってもテレビ画面でしかなく、無駄な努力に終わります。 床を手で雑巾がけをしている私の腕に、「敵だ」とばかり猛烈にアタックしてきま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水仙が咲きました

那須もやっと春らしくなってきました。 野性のすみれ、カタクリ、ショウジョウバカマ、梅、椿、レンギョウ,水仙、沈丁花、雪柳、アマナなどなど。 今年は今週一気に咲きました。ちょっと驚いています。 ラッパ水仙は20年以上前からこの時期に咲いてくれていますが、去年の秋植えた日本水仙が咲きました。 ラッパ水仙ほど鮮やかな色でもなく、地味な姿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菜々ちゃんが捕まっちゃった!

猫が高いところが好きなのは菜々ちゃんも同じ。 物置になっている2段ベッドの上段に駆け登り、照明の紐を相手に格闘していました。 ところが、紐の先に付いている三角形のつまみと紐とのわずかな隙間に爪が引っ掛かってしまいました。 色々試しても彼女には取れません。 まるで満員電車の吊り輪に手をかけているサラリーマンの様です。 しばらく我慢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菜々ちゃんのおヒゲが、、、

ストーブに近づき過ぎたのか?菜々のおひげが少なくなって、かつ曲がってしまいました。 おひげが機能をコントロールするとか聞いたので、これからしばらく失敗が続くかと思っていましたが、得意のジャンプは全然変わりません。 むしろ更に高さが増したようにも感じます。 心臓の音が弱いのですが、健康ならどれだけ飛び上がるのでしょうか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菜々ちゃんのお母さんはアメリカンショートヘア―

前のドルチェが典型的な日本猫に加え、おデブさんだったのもあり、足が短かったのに比べると、菜々は2倍も長い様に思います。 写真は生後2か月の菜々ちゃんです。足 長いですよね。 子猫なのにすらりとして、食事がたりないのか?と思う程。 ところが先日 菜々ちゃんのお母さんはアメリカンショートヘア―だと聞い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お邪魔が好きな菜々ちゃん

私がパソコンをいじっていると菜々がキーボードに乗ろうとしたり、手をだしたり、、。 実際乗られて場面が変わったり、私の不在中いつの間にか、アウトルックが左端にずれていました。 主人にどうしてここに移っちゃったの?と訊いたら、猫に訊いてくれと言われました。 ファックスの紙が動くのが気になるらしく、止まらせてしまって途中からの文面が読めず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

唐招提寺で鑑真さんに会ってきました

夏亡くなった叔母の四十九日に行けなかったので、先週三重までお墓参りに行ってきました。 六月に「薔薇の騎士」を聴きに行った時、姉と久しぶりに祖母のお墓に行きましょうと話していたのが急に現実化しました。 東京駅で皇太子殿下に会えたのが、嬉しいハプニング! 幸先の良いスタートでした。 伊賀上野から更にローカル線に乗り、寅さんの映画に出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菜々ちゃんの心臓が、、、

先日菜々の避妊手術をしに獣医さんに診せに行ったら、聴診器で聴いて心臓の音が弱いと言われました。 今麻酔などしたら、それだけで命が危ない状態になってしまうと言われました。 ショックでした。 元気なんですよ、、、ダッシュで走り回って、私の肘の高さまで飛び上がる 張りきり菜々ちゃんなのに、、。心臓に問題があるなんて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シェーンブルン宮殿コンサート、ベルリンピクニックコンサート

夏休み前にベルリンピクニックコンサートとシェーンブルン宮殿コンサートをBSで見ました。 ベルリンは今年は映画音楽で、「トムとジェリー」はパーカッションの3人が大忙し、楽しい演奏でした。 聴衆は、座るだけでなく寝転がる人、小声で話したり笑う人もいてお堅いクラシックの雰囲気ではありません。 シェーンブルンは広大な庭におびただしい数の人が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二人の未亡人、ミッション達成!

この夏母の弟のお嫁さんが天国に召されました。 享年88歳。大往生です。 夫は33歳で1歳の子を遺し病死、寡婦となった彼女に姑である祖母は、余りにも若いので、良い縁談があれば再婚を、と勧めましたがガンとして拒否、 子供を育てる事を希望。 祖母も38歳で夫が急死、誰それの後添えに、、という話を断って、2人の子を育てました。 祖母はよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怪力子猫!菜々ちゃんは強い

この夏菜々ちゃんがいると仕事にならないシチュエイションが多く、また猫アレルギーのお客様も何人かいて、やむなく洗濯室にいてもらいました。 何かの用事で部屋のドアを開けるとすかさず寄って来てうちの居間の引違いドアを あのおちびちゃんが開けてしまいます。 2メートル高さの木の結構重いドアが 4か月の子猫の力で開くと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子猫は物色がお好き!

菜々ちゃんのお気に入りは人の膝の上 いたずらの限りを尽くした後「あ~、疲れた」と言って私の膝の上にちょんと飛び乗り、たまたま食事中だったりすると人のおかずを物色します。 納豆はNo,thank you だそうです。 コーヒーには目もくれず、ワサビの入ったお醤油の小皿などいかがですか?美味しいですよと差し出しても、丁重に断られました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

50 年記念の「サウンド・オブ・ミュージック」

今年は「サウンドオブミュージック」が公開されて半世紀と云うことで、ジュリー・アンドリュースが オーストリアに行き、ABC放送のキャスターに撮影の苦労や裏話を語りました。 冒頭のアルプスの場面でなかなか晴れ間がなく、9回も撮りなおしたこと、当時の大型ヘリコプターの風がすさまじかった事、丘を駆けていくシーン、実際はその勾配がきつく、転んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うちの猫は食事中喋ります!

菜々ちゃんはご飯を食べながら、「うにゃうにゃ、、ほにゃほにゃ、、、」と言いながら食べます。 毎回ではないのですが、ちょっと変わっているでしょ。 「あ~お腹ぺっこぺこよ!これ大好物なの、、」なんて言ってるのかも、、、。 喋ってないでよく噛んで召し上がれ、と声をかけていますが、主人などは顔がほころんでいます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーソン・ウェルズとチャールズ・ロートン

「わが命つきるとも」という映画を観ていたら、なんとオーソン・ウェルズが出ていました。 ハンプトンコートを作ってヘンリー8世に譲ったウルビ―です。 悪役とか大物のドンがはまる俳優ですので、やたら似合う感じ、、。 新しい映画かと思っていたら、彼だけでなくスザンナ・ヨークまで出て来たので調べてみたら1960年代でし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嵐が丘

ずっと避けてきた「嵐が丘」を読みました。 「ジェーン・エア」は子供の頃と大人になってからと読みましたが、「嵐が丘」は何か理解できない激しさを感じて先延ばししていたのだと思います。 キャサリン・アーンショウは忘れ形見キャサリン・リントンを遺して死んでゆく。 策を弄して幼い彼女を自分の子に嫁がせ、リントン家の財…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩合さんのベルギーの子猫

庭のテーブルの上からなかなか降りられない猫ちゃんは菜々ちゃんの毛の色にそっくりです。 菜々ちゃんの方が少し黒い部分が薄い灰色っぽいですが、、、。 顔もこころなしか似ているように思います。 兄弟みんながテーブルから椅子を伝って下に降りられたのに、1匹だけが勇気がなかなかでないのです。 可愛くて仕方ありません。30分もかかってまあ、な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新国立劇場の「薔薇の騎士」

6月に「薔薇の騎士」を見て来ました。 平日の午後2時開演にも拘らず、殆ど満席には驚きました。 魅力ある演目に加え、最後の日だったのもありますが、日本のオペラファンが増えた事が嬉しかったです。 「パパー、パパー;」と歌う子供たちの声が今まで聞いた中で1番柔らかかったと思います。 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白神山地は神秘的!

やっと行ってきました。 ブナの森が美しかった! 奥入瀬渓谷も緑と白の世界。コバルトブルーの青池。 新緑のこの時期を待って正解でした。 世界遺産に登録されたとはいえ、商業っぽくなく大事に保護されているように思いました。 半日位歩けたらもっとよかったのですが、奥入瀬も歩いたのですから満足です。 あの森に魅せ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディケンズって最高に面白い

「大いなる遺産」は冒頭でいきなり怪しげなおじさんに脅迫され、約束までさせられるところから始まり、で どうなるの?という思いで一気に読みました。 ハリー・ポッター並に 次を読みたくてたまらない面白さでした。  大きなお金と云うものは、それを正しい使い方のできる資質の無い人間が手にすると、こういう経過を辿り、得てしてこういう末路になりが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菜々ちゃん8週目に!ちょっと大きくなりました

4月3日生まれの菜々ちゃん、うちに来て3週目ですが、家族の顔にも慣れてきました。 この3週間可愛い仕草や失敗に私たちも笑うことが多くなり、菜々ちゃんのお蔭と感謝しています。 お父さん(お爺ちゃん)のヨーグルトのお皿に手をかけています。 昨日日帰りで小遠足にいってきました。 バスの中で、携帯で撮った菜々ちゃんばかり見ていました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイドンさん ごめんなさい!

先日友人たちと話していて、ハイドンが好きな人と もちろん綺麗だとは思うけれと、、、という人に意見が分かれました。 自己主張とか流れの意外な変化(それが絶妙!)がないのが、何か物足りないと思うのです。 でも撤回します。 ハイドンの仕事はBGMを作曲することで、自己主張の激しい曲を作ってはいけなかったのかもしれま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子猫がうちに来ました!

私の喘息も落ち着いているし,うちの男3人は居るんだか居ないんだかまるで幽霊で、話しても5秒で終わるし、ボソボソとしか聞こえません。 こんな家には可愛い存在がいないと、、と決心して猫を飼うことに決めました。 渡りに舟!と言うタイミングで子猫が見つかりました。 名前は「菜々ちゃん」 です。 息子たちも大喜び!そして言います。「お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

泥棒の家に泥棒!

黒岩徹さんの「イギリス式人生」と言う本によると、泥棒の家を泥棒するケースが多いのだとか、、、。 理由が3つ挙げられていました。 1、泥棒の留守は夜の為、昼と違って仕事がやりやすい。 2、その家には盗む価値のあるものが必ずある。 3、被害にあっても絶対警察を呼ばない。 考えてみると合理的ですね。 うちみた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うちの猫にそっくりな猫ちゃんみーっけ!

またまた岩合さんのシチリアの猫、、子猫を護る強い母猫! 目の周りが太い黒い線で囲われていてクレオパトラみたい! 毛の色がちょっと違うのと、ドルチェよりスマートですが、顔はそっくり! この録画は永久保存します。 このお母さんと喧嘩していたのがブチ模様の猫ちゃんでしたが、表情がすみませんと誤っている様なお顔。 猫はみんな強気だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サキソフォンでフランクのヴァイオリンソナタ!

先日NHKの番組でフランクのヴァイオリンソナタを聞きました。 艶やかなヴァイオリンの音色とはまた違うふっくらとした音が新鮮でした。 半年くらい前に4本のサキソフォンでバッハの有名なトッカータとマタイ受難曲のアルトのアリアを聞きました。 オルガン曲を?と初めは思ったのですが、考えるとサキソフォンも管でもあるし4声の編成であればOKな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クマのプーさん誕生の秘話

第1次世界大戦中カナダのハリー・コーバーン大尉が1匹のツキノワグマをイギリスに連れて来たそうです。 直立しても人間の腰くらいまでの小熊です。 軍務につく為彼は小熊をロンドン動物園に預け、まだ子供だったA・A・ミルンの息子クリストファーロビンが檻の中のクマさんをいたく気に入り、パパにこのクマさんのお話を書いてとせがんだのが「くまのプーさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more