テーマ:音楽

プレイエルピアノの危機!

今朝、フランスの誇るプレイエルピアノの工場閉鎖というニュースに驚きました。 ショパンをして「完璧という言葉はプレイエルの為にある。」とまで言わしめたピアノ、このピアノでショパンが数々の名曲を産みだしたと言われています。 19世紀末の最盛期には年間2000台生産されていたのが、1960年代には一時ドイツのメーカーに買収されました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラームスとお琴!

1890年のウィーンでブラームスがお琴の演奏「六段」を聴き、楽譜にあれこれ書き留めたと云うことです。 岐阜大垣市の当時の戸田氏共(うじたか)伯爵が明治政府の特別大使としてウィーンに赴任、岩倉具視の次女で 鹿鳴館の花と謳われた 極子夫人は琴を持参しての同行。 琴の名手である極子夫人のウィーン滞在中のピアノ教師ボ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何故ドレミファソラティ?

私が子供の頃「サウンドオブミュージック」が公開されました。マリアの歌うドレミの歌は誰もが知る歌となりましたが、素朴な疑問が、、なぜ階名の「シ」が「ティ」なのか? 高校の頃楽典の本で調べましたが、ティは載っていませんでした。 長いこと解らず仕舞いでしたが、やっと英国の階名だということがわかりました。 NHKプレミアムシアターの音楽都…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後半のコンサートを無料で聞けるおいしいアルバイト!

先日ある方と懐かしい話ができました。 オラトリオを歌ったら宗教曲に魅せられて、マタイ受難曲も歌った事、、、学生の時コンサートのチラシを会場にいらしたお客様に配り、開演後はドアの前に立ち、遅れていらしたお客様にしばし待っていただくバイトをしていた事、中間の長い休憩の後はその後のコンサートは無料で聴けた事、懐かしい話がポロポロ出て来ました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

共鳴の力を知ってるカンタンの知恵!

先日ギターの穴の真上でつま弾くと、ふわっと膨らんだ様に聞こえて、ギター本体が共鳴体として大いに効果的に使われ、驚いた事を書きました。 その数日後、本当に偶然テレビをつけたら秋の虫を紹介する番組だったようですが、邯鄲という虫は葉っぱの穴のところで音を出し、スピーカーとして利用するということでした。 ギターの穴と同じ効果ですよね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スウェーデン放送合唱団の美しいこと!

テレビで聞いただけですが、人間の声ってこんなに美しいサウンドが作れるのねーという思い、、、感動です。 今まで聞いてきた声楽曲のなかでも跳びぬけて美しい! なんてピュアで荘厳なんでしょう! 森閑とした森とか自然の中で響いているかの様。 エリクソンという指導者が優れていたと書いてありましたが、確かまだ聞けていないリヒャルト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギターに敬意!

最近ギターの音色に惹かれています。 ピアノなどと違い随分早く誕生しただろうと調べてみたら、紀元前3800年には存在していたそうです。 私の記憶にはギターというとフラメンコに欠かせない楽器であり、フォークソング時代の伴奏楽器で、カッコいい青年が弾く物、ジョーン・バエズや森山良子などが教科書に載るような曲を作っていますが、やはり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more