テーマ:動物

トムは謝ってばかり

随分前インターネットを始めたばかりの頃、じゃらんか何かのプランを作っていた時、30分もかかって入力したのに、何かを押したのか?全部消えてしまいました。 唖然としてまたやり直す気にもならず、 気分を変えるために犬の散歩にでかけましたが、あまりの残念さに「あの30分はなんだったの?」と叫びました。 前を歩いていたトムが振り返って私に 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドルチェは鳥を、、

先日動物の命を護る方の話を書きましたが、それでふと思い出しました 私もトムの散歩中に死にそうな鳥を見つけて、うちに連れて来ました。トムたちの獣医さんに電話しましたら、「僕は鳥はみられない」と言われ、とりあえず水をあげて、ドルチェから守るために籠をかけていました。 鳥が動いて水を浴びてしまい、拭く為に籠を少し開けただけだったのですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動物愛護の素晴らしい方

うちのトムとドルチェを保護し、譲って下さった方、Sさんの話です。 2匹ともかわいそうな状況だったそうです。 特にトムはあと1日遅かったら命が危うい状態だったそうです。 お風呂に入れて体の傷などを治し、食事も少しづつ食べるようになり、健康になった時点で里親を捜しはじめました。 あるイベントで宇都宮の方が引き取り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫の避難生活

この別荘地のご近所に動物の大好きな方が沢山いらっしゃいますが、神奈川在住の方から聞いた話です。 長寿を全うして最後の猫が逝ったので、要らなくなった毛布などを近くに震災で飼い主を失った犬猫を世話している団体があると聞き、そこに電話したところ、不足しているので是非欲しいと云うことでした。 早速猫用の物を持って行ったところ、そこで里親も不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そうだ、猫カフェ行こう!

ドルチェがいなくなって5か月。 喘息の発作が怖くてもうペットを飼うことはできませんが、あの柔らかい、温かい感触をもう1度! ああ、抱っこしたーい!と思うのです。 冷蔵庫やこのパソコンの後ろにも、犬と猫の写真がいっぱい貼ってあります。 この前 ふと閃きました!! もう彼らには会えないけれど、猫を抱っこしたいのなら、「猫カフェ」とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫の猫による猫のための憲章10か条

 1)猫はわがままを旨とすべし   2)猫は夜の見廻りを怠るべからず  3)猫は自分だけの幸せを追及すべし  4)猫は情に掉さすべからず  5)猫はグルメであるべし  6)猫は都合のいい時だけ甘えるべし  7)猫は日中は寸暇を惜しみ昼寝に励むべし  8)猫は人の迷惑の顧みず、1番暖かい場所を確保すべし …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫 友情を示しお手柄!

3週間ほど前のABCニュースで、5歳の坊やが自転車に乗って遊んでいたところ、隣の犬が襲いました。 数秒後その子のペットの猫がダッシュしてきて犬に体当たり、着地して振り返り犬をみつけて、猛烈に追いかけました。犬もタジタジでした。猫が犬を追いかけるなんて、初めて見ました。 5年前公園からついてきた猫を夫婦が飼いはじ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

共鳴の力を知ってるカンタンの知恵!

先日ギターの穴の真上でつま弾くと、ふわっと膨らんだ様に聞こえて、ギター本体が共鳴体として大いに効果的に使われ、驚いた事を書きました。 その数日後、本当に偶然テレビをつけたら秋の虫を紹介する番組だったようですが、邯鄲という虫は葉っぱの穴のところで音を出し、スピーカーとして利用するということでした。 ギターの穴と同じ効果ですよね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛犬が忘れられない!

2年前我が家の愛犬トムが16歳9か月で逝きました。   老衰でした。 苦しんでいたので、楽になったのだ、、と思うようにして諦めるしかなかったのですが、2年たってもまだ私の夢の中で生きているのです。 夢の中で、洗面所のドアからひょいと顔を出し 「あら、トム、死んだんじゃなかったのね」と言う私に 「ここにいたんだよ」と言わんばか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫がワン!

去年だったか、うちの猫が「ワン」といいました。 日頃から「アーンアン」と言っていました。多分その時彼女の唇が相当閉じた状態に近かったのだと思います。 丁度居合わせた主人に 「聞いた?今この子、ワンって言ったわよね!」 主人は微笑んで、頷きました。 これを姪に話したら1回こっきりだけどと聞いて、「いや、私が言わせて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パブロ・カザルスについて

数年前このブログを休んでいた頃読んだ本が出てきました。 「パブロ・カザルス 喜びと悲しみ」です。 類稀な才能に恵まれ栄光にも浴した人生だったことは周知のことですが、国と自由を愛し勇気ある態度を貫いた人だったのですね。 無伴奏チェロ組曲というバッハの宝物を紹介した功績も有名ですが、私が忘れられないことは、高台にある小さな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またまた動物の話

先日白河に行く途中結構遠くから次の信号が黄色になるのが見えました。 どうせ泊まるのが分かっているのですから、ゆるやかな速度で走っていると、左手の歩道をカラスがテクテク歩いているのが見えました。 彼を追い越して信号で止まっていると、カラスが追いついてきました。 飛んできたのではありません。 あの歩調で悠然と歩いてきたので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more