岩合さんのベルギーの子猫

庭のテーブルの上からなかなか降りられない猫ちゃんは菜々ちゃんの毛の色にそっくりです。 菜々ちゃんの方が少し黒い部分が薄い灰色っぽいですが、、、。 顔もこころなしか似ているように思います。 兄弟みんながテーブルから椅子を伝って下に降りられたのに、1匹だけが勇気がなかなかでないのです。 可愛くて仕方ありません。30分もかかってまあ、な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新国立劇場の「薔薇の騎士」

6月に「薔薇の騎士」を見て来ました。 平日の午後2時開演にも拘らず、殆ど満席には驚きました。 魅力ある演目に加え、最後の日だったのもありますが、日本のオペラファンが増えた事が嬉しかったです。 「パパー、パパー;」と歌う子供たちの声が今まで聞いた中で1番柔らかかったと思います。 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子猫はよく遊ぶ!

菜々ちゃんは紙くずをくずかごからくわえて来ては、何か恨みがあるのか?敵だと思っているのか真剣にアタックしています。紙くずこそいい迷惑! ナスやキウリの袋をテープでしばってありますが、その下を鋏で切って与えると、これもいいおもちゃになります。 困るのはパソコンのキーボードの上を歩きたがることです。 1歩1歩邪魔な所にいるので踏んづけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白神山地は神秘的!

やっと行ってきました。 ブナの森が美しかった! 奥入瀬渓谷も緑と白の世界。コバルトブルーの青池。 新緑のこの時期を待って正解でした。 世界遺産に登録されたとはいえ、商業っぽくなく大事に保護されているように思いました。 半日位歩けたらもっとよかったのですが、奥入瀬も歩いたのですから満足です。 あの森に魅せ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディケンズって最高に面白い

「大いなる遺産」は冒頭でいきなり怪しげなおじさんに脅迫され、約束までさせられるところから始まり、で どうなるの?という思いで一気に読みました。 ハリー・ポッター並に 次を読みたくてたまらない面白さでした。  大きなお金と云うものは、それを正しい使い方のできる資質の無い人間が手にすると、こういう経過を辿り、得てしてこういう末路になりが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菜々ちゃん8週目に!ちょっと大きくなりました

4月3日生まれの菜々ちゃん、うちに来て3週目ですが、家族の顔にも慣れてきました。 この3週間可愛い仕草や失敗に私たちも笑うことが多くなり、菜々ちゃんのお蔭と感謝しています。 お父さん(お爺ちゃん)のヨーグルトのお皿に手をかけています。 昨日日帰りで小遠足にいってきました。 バスの中で、携帯で撮った菜々ちゃんばかり見ていました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイドンさん ごめんなさい!

先日友人たちと話していて、ハイドンが好きな人と もちろん綺麗だとは思うけれと、、、という人に意見が分かれました。 自己主張とか流れの意外な変化(それが絶妙!)がないのが、何か物足りないと思うのです。 でも撤回します。 ハイドンの仕事はBGMを作曲することで、自己主張の激しい曲を作ってはいけなかったのかもしれま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子猫がうちに来ました!

私の喘息も落ち着いているし,うちの男3人は居るんだか居ないんだかまるで幽霊で、話しても5秒で終わるし、ボソボソとしか聞こえません。 こんな家には可愛い存在がいないと、、と決心して猫を飼うことに決めました。 渡りに舟!と言うタイミングで子猫が見つかりました。 名前は「菜々ちゃん」 です。 息子たちも大喜び!そして言います。「お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シューマンの赤トンボ?

シューマンの序奏と協奏的アレグロという曲を聴いてみてください。 日本人なら誰でもいっしょに「赤とんぼ」を口ずさみたくなるのでは?と思う程よく似ています。 ついでですがショスタコーヴィチのバイオリン協奏曲1番の2楽章のモチーフが何故か「せーんせいに言っちゃお」「○○ちゃんはわーるいんだ」とはやし立てるうたにそっく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

泥棒の家に泥棒!

黒岩徹さんの「イギリス式人生」と言う本によると、泥棒の家を泥棒するケースが多いのだとか、、、。 理由が3つ挙げられていました。 1、泥棒の留守は夜の為、昼と違って仕事がやりやすい。 2、その家には盗む価値のあるものが必ずある。 3、被害にあっても絶対警察を呼ばない。 考えてみると合理的ですね。 うちみた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロッシーニの「猫の2重唱」

検索サイトで「ロッシーニの「猫の2重唱」」と入力すると、ユーチューブでさまざまな演奏が出て来ます。 多分「木の十字架合唱団」かと思うのですが、(男の子達が修道服を着ています。)小学校高学年くらいの男の子2人が歌う間、本当にその会場に猫が居て、ミャーミャー鳴いているみたいなかわいい声です。きょろきょろしてしまいそうです。 一方イギ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うちの猫にそっくりな猫ちゃんみーっけ!

またまた岩合さんのシチリアの猫、、子猫を護る強い母猫! 目の周りが太い黒い線で囲われていてクレオパトラみたい! 毛の色がちょっと違うのと、ドルチェよりスマートですが、顔はそっくり! この録画は永久保存します。 このお母さんと喧嘩していたのがブチ模様の猫ちゃんでしたが、表情がすみませんと誤っている様なお顔。 猫はみんな強気だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サキソフォンでフランクのヴァイオリンソナタ!

先日NHKの番組でフランクのヴァイオリンソナタを聞きました。 艶やかなヴァイオリンの音色とはまた違うふっくらとした音が新鮮でした。 半年くらい前に4本のサキソフォンでバッハの有名なトッカータとマタイ受難曲のアルトのアリアを聞きました。 オルガン曲を?と初めは思ったのですが、考えるとサキソフォンも管でもあるし4声の編成であればOKな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クマのプーさん誕生の秘話

第1次世界大戦中カナダのハリー・コーバーン大尉が1匹のツキノワグマをイギリスに連れて来たそうです。 直立しても人間の腰くらいまでの小熊です。 軍務につく為彼は小熊をロンドン動物園に預け、まだ子供だったA・A・ミルンの息子クリストファーロビンが檻の中のクマさんをいたく気に入り、パパにこのクマさんのお話を書いてとせがんだのが「くまのプーさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜  あれこれ

随分前に偶然テレビで聞いた話ですが、,山本直純氏がある俳優(はっきり誰とは覚えていないです)に今○○ホテルにいるが、絶世の美女に遭わせたいからすぐ来るよう電話しました。 ホテルに着きその人はどこ?と訊くと、山本氏は「彼女はあそこにいるよ」と庭を指しました。 そこには満開の桜! なるほど絶世の美女だと、聞いている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

45キロのゴールデンと子猫

姉の家の犬と猫の話です。 超ビッグサイズに成長した心優しいゴールデンレトリバーがいたのですが、100グラムほどの生まれて間もない子猫を飼い始めました。 この堂々とした体躯の犬が寝そべると、子猫がその温かいおなかに寄り添って寝ます。 犬の方ではちょっと迷惑で、少し体を後ろに引くと、猫も温かさを求めて近づきます。それを繰り返して、絨毯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローラ・インガルスとロシアの賢い女の子

もう25年くらい前のNHKのドキュメントでロシアの地方からモスクワかペテルブルグにバレーの勉強をしに単身上京している16歳の少女の生活を追った番組がありました。 確か偶然知り合ったおじいさんとの交流も交えて、厳しい現実をつたえていたように思います。 心にしっかり残っているのは、彼女が「生活は厳しいけれど、私はくじけません。芸術家です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また岩合さんの本から

イタリアではノラ猫のことを「フリーキャット」と云うのだそうです。 この世で一番自由な生き物だから。 本当にそうかもしれません。誇り高い自由人(猫)!しがらみに縛られている人間をかわいそうに思っているのかもしれませんね。 また、イヌイットの人達は穀物を食べないのでネズミが居ず、猫もいないとのことです。 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮本百合子の「貧しき人々の群れ」を読んで

ほんの100年前の現実を読んでちょっとショックでした。 宮本百合子は殆ど祖母と同じ世代です。 小作人でも仕事ががある人はまだいいほうで、お情けでその日を過ごす人もいたのですね。 まるで山上憶良の「貧窮問答歌」の悲惨さを思い出させる状況も出て来ます。 底の深い膨大な数の貧困者を救うのに17歳の少女の試みは功を奏する筈がない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海外で犬猫と話すには、、

姪がチェコでもハンガリーでも犬を見かけるとしばし喋っていました。 戻って来た時、「あなた、チェコ語は話せないでしょうに、ワンちゃんと何語で話してたの?」と訊きました。 「日本語よ、ちゃんと通じるわよ。」との答え。 そういえば岩合さんも「いい子だねえ!」と日本語で話しかけていますよね。 私は犬や猫の気持ちをよく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more