刑事フォイル

戦争が始まると具体的にこう云う厭な世の中になる、、と教えてくれたドラマでした。 卑怯者、臆病者、立場を利用して平気で悪事をする人、全体主義に洗脳されている若者、食料品がなくなり、犬にミルクをあげると罰される、更におびただしい数の動物が殺されなければならなかった事。  これは辛いです。 「かわいそうな象」という絵本の通り、日本でも動物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランスの世界遺産の代りに京都へ

南フランスのローマ遺跡ポン・デュ・ガールと、ロワール川のシャンボール城に行きたかったのですが、最近フランスはテロが多いので行けそうにありません。 そこで去年京都と会津に行きました。 京都の南禅寺には水路閣があります。 2000年程の時間の差があり、また規模も違いますが、行ってみたかったのもあり、まあ当分は気が済みます。 一方…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お腹の脂肪は減らない!

入院食は少ないめなのは健康的で理に適っていることは解っていますが、この冬の入院中やはりいつも余計に食べていたのだ!と思いました。 お昼は結構お腹いっぱいと感じるほどでしたが、朝と夕食はいつもの私の食事の7割くらいでした。 ずっと寝ているのだし、あれ以上は胃に負担がかかると思います。 7割くらい、、とは思いつつ お腹はすきませんでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハ短調ミサを聴いたら

先週ハ短調ミサの「 Et incarnatus est」の事を書きましたが、久しぶりに聞いてみたら、虜になってしまいました。 先週はずっと聞いていました。 楽譜も読みながら聞くほど熱心に! 本当に天上の音楽ですね。 で、やはり思ったんです。 手術中にこんなのを聴いていたら、私このまま天国に行っても構わないわ!なんて気になりそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

車酔いにマリア・カラスが効く!

先日テレビで手術中に好きな音楽を聴くと痛みを少なく感じるという結果が報告されていました。 ふと若い頃車に酔いやすかったのが、マリア・カラスを聴いていると 車酔いしなくなった事を思い出しました。 患者の「患」の字の通り カラスの歌に心を串刺しにされたのです。酔ってるばあいではなくなりました。 「ドン・カルロ」のエリザベッタの「世の無…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会津に ポンペイの遺跡が、、

去年の秋主人の時間が突然空いたので、急遽会津迄行ってきました。 鶴ヶ城の後、武家屋敷、西郷頼母の家族、女性たちの壮絶な死を見学、「そなたは敵か味方か?」と瀕死の子供が問うたこと、官軍でありながら「味方です」と答えてあげたとのこと、、。 日本人同士で戦うなんて、、、と思わずにいられませんでした。 翌日飯盛山で白虎隊の自刃の場に行って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菜々ちゃんのお気に入りのTV番組は天気予報です。

菜々ちゃんは動くものに反応します。 天気予報士の示す棒や低気圧、高気圧の時間毎の動きにムキになって追いかけます。 雪だるまの印で雪が降っているのも,傘に雨が降っているのも気になるようです。 前足で触ってもテレビ画面でしかなく、無駄な努力に終わります。 床を手で雑巾がけをしている私の腕に、「敵だ」とばかり猛烈にアタックしてきま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水仙が咲きました

那須もやっと春らしくなってきました。 野性のすみれ、カタクリ、ショウジョウバカマ、梅、椿、レンギョウ,水仙、沈丁花、雪柳、アマナなどなど。 今年は今週一気に咲きました。ちょっと驚いています。 ラッパ水仙は20年以上前からこの時期に咲いてくれていますが、去年の秋植えた日本水仙が咲きました。 ラッパ水仙ほど鮮やかな色でもなく、地味な姿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菜々ちゃんが捕まっちゃった!

猫が高いところが好きなのは菜々ちゃんも同じ。 物置になっている2段ベッドの上段に駆け登り、照明の紐を相手に格闘していました。 ところが、紐の先に付いている三角形のつまみと紐とのわずかな隙間に爪が引っ掛かってしまいました。 色々試しても彼女には取れません。 まるで満員電車の吊り輪に手をかけているサラリーマンの様です。 しばらく我慢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思いかけず手術を!

1月からずっとご無沙汰していました。 お正月があけ、主人の受診日について行き、脈拍が少ないようだけどきっと大丈夫ですよね、、、という軽い気持ちで診察を受けました。心電図を見て 看護婦さんが車いすで迎えに来て乗るように言います。 えーっ誰が乗るの?私元気ですよと言いましたが、命令ですからと言われビックリ! 先生方に1分に30回の脈拍数…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菜々ちゃんのおヒゲが、、、

ストーブに近づき過ぎたのか?菜々のおひげが少なくなって、かつ曲がってしまいました。 おひげが機能をコントロールするとか聞いたので、これからしばらく失敗が続くかと思っていましたが、得意のジャンプは全然変わりません。 むしろ更に高さが増したようにも感じます。 心臓の音が弱いのですが、健康ならどれだけ飛び上がるのでしょうか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バーバラ・フリットーリの日本歌曲

先日NHKの番組でフリットーリのリサイタルを聴きました。 アンコールの「桜横丁」の日本語が日本人さながら滑らかで、驚きました。 相当勉強されたのだと思います。 欧米人が日本語で歌うと大仰な発音になってしまいがちですが、なだらかに喋る日本語に近いと感じました。 「が」を発音する時ちょっと余計に時間をかけて、滑ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都で日本人になって来ました!

11月末に倉敷、姫路城、そして京都を歩いてきました。 どれだけ憧れていたか、やっと行けたという思いです。 今年、京都からうちに泊まられた方に、修学旅行しか京都に行ってないのは日本人ではないと言われ、本当にその通り、、今年こそ絶対行こうと心に決めていたのです。 勉強してから、、とかあれこれ実行できない理由はありましたが、たった1週間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菜々ちゃんのお母さんはアメリカンショートヘア―

前のドルチェが典型的な日本猫に加え、おデブさんだったのもあり、足が短かったのに比べると、菜々は2倍も長い様に思います。 写真は生後2か月の菜々ちゃんです。足 長いですよね。 子猫なのにすらりとして、食事がたりないのか?と思う程。 ところが先日 菜々ちゃんのお母さんはアメリカンショートヘア―だと聞い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お邪魔が好きな菜々ちゃん

私がパソコンをいじっていると菜々がキーボードに乗ろうとしたり、手をだしたり、、。 実際乗られて場面が変わったり、私の不在中いつの間にか、アウトルックが左端にずれていました。 主人にどうしてここに移っちゃったの?と訊いたら、猫に訊いてくれと言われました。 ファックスの紙が動くのが気になるらしく、止まらせてしまって途中からの文面が読めず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

唐招提寺で鑑真さんに会ってきました

夏亡くなった叔母の四十九日に行けなかったので、先週三重までお墓参りに行ってきました。 六月に「薔薇の騎士」を聴きに行った時、姉と久しぶりに祖母のお墓に行きましょうと話していたのが急に現実化しました。 東京駅で皇太子殿下に会えたのが、嬉しいハプニング! 幸先の良いスタートでした。 伊賀上野から更にローカル線に乗り、寅さんの映画に出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菜々ちゃんの心臓が、、、

先日菜々の避妊手術をしに獣医さんに診せに行ったら、聴診器で聴いて心臓の音が弱いと言われました。 今麻酔などしたら、それだけで命が危ない状態になってしまうと言われました。 ショックでした。 元気なんですよ、、、ダッシュで走り回って、私の肘の高さまで飛び上がる 張りきり菜々ちゃんなのに、、。心臓に問題があるなんて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小澤征爾とドナルド・キーンの対話を聞いて

先日このお二人の話を聞く番組があり、途中からしか見られなかったのですが、結構面白かったです。 キーンさんが日本文学に精通していらっしゃるのは有名ですが、いい時代のオペラをたっぷり聴いていらっしゃるのが羨ましかった事、そして日付までしっかり記憶していらっしゃるのには驚きました。 「フィデリオ」の 恐怖が支配していたということとナチズム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

音楽家は猫がお好き?

今年の夏は音楽合宿が多く、またメンバーの中に「無類の猫好き」と言っていい方が沢山いらっしゃいました。  たいてい3人くらいで「あの~、菜々ちゃんに会いたいんですけど、、」と仰います。 親バカですから、私もテンションが上がって、しばし菜々タイムを楽しみました。 どこに行ってしまったか必死で探しているのをよそに箪笥の引き出しにいたとか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シェーンブルン宮殿コンサート、ベルリンピクニックコンサート

夏休み前にベルリンピクニックコンサートとシェーンブルン宮殿コンサートをBSで見ました。 ベルリンは今年は映画音楽で、「トムとジェリー」はパーカッションの3人が大忙し、楽しい演奏でした。 聴衆は、座るだけでなく寝転がる人、小声で話したり笑う人もいてお堅いクラシックの雰囲気ではありません。 シェーンブルンは広大な庭におびただしい数の人が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more