リゴレット

🎵随分前からリゴレットにハマっています。

「悪魔め鬼め」のアリアの直前に4拍の休みがあります。

これが聞きたくて、と言ってはいけないですね、この4拍分を心で数えるのがしたくてここばかり聞いています。

ここは音がないからこそリゴレットの怒りが伝わって来ます。

怒りだけではなく、手塩にかけて育て、ひた隠しに守って来た宝を失った父親の悲しみ、無事かどうか夜通し捜した不安、

辛辣に自分に当たる廷臣たちが娘の所在を知っていて、しかも邪魔建てしようとすらしている、多勢に無勢でなす術がないギリギリしたもどかし

さ、、いとしい娘を何とか取り戻したい、という切ない思い、、、それらのこもごもした思いがこの4拍に込められているようで、何回聴いても

ドラマチックな感慨を覚えます。

もう一つ、再開した娘に父が「お泣き、お泣き」と言い、ジルダが EF を6回繰り返し、次に DEsを2回、、、と歌うのですが、この旋律が

私には小さな女の子が「えーんえーん、、」と同じ調子でヒックヒックと繰り返し泣く様に聞えるのです。

飛躍しすぎているかもしれませんが、、、。✨

"リゴレット" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント