食事は日本が最高!

ヨーロッパのオペラハウスでのオペラや、教会の石の壁に反響するオルガンやソプラノなどを聴きたくて何回かヨーロッパに行きましたが、耳の御馳走は満足でも、こと食事についてはこれは美味しいと思う経験が少なかった様に思います。
記憶に残っている美味はウィーンの牛肉のスープ、ミュンヘンの茹でた白ソーセージ、イタリアのジェラート、ニュルンベルグの焼きソーセージ、ロンドンの教会の地下の人参とコリアンダーのポタージュ、ドイツの小さな店で食べたチキンローストくらいかしら?
スモークサーモンもヨーロッパならどこもニマニマしてしまう程おいしいです。
多分北海辺りのサーモンなのでしょう。
日本ではなかなかお目にかかれません。
こうして書き出すと、全部団体旅行ではなく、自分の足で歩いてふらっと入ったお店ばかりです。
勿論外れもありました。
楽しみにしていたケーキもはずれが多かったです。大きいばかりで 甘すぎ、スポンジがパサパサ、りんごの芯かと思うようなのも入っていたこともありました。
ザッハトルテは砂糖でできているかと思う程、ニューヨークチーズケーキも甘すぎて 2口しか食べられませんでした。
パリで有名なお菓子屋さんのエクレア1つを 姉と半分ずつして丁度よかったです。
大変美味しかったし、大きさも日本と変わりませんでしたが、沢山は要らないんです。

ですから日本のケーキは高いですが、小ささが程よく、しっとり、艶やかで甘さも丁度良く大変満足です。

あるデータによると、日本で手に入る食材は10000種で世界一なのだそうです。
2位は中国で6000種、グルメのフランスでも3000種だとか、、、。
日本人は何でも食べられるし、チョイスも自由ということでしょうか?
舌が肥えるわけですね。
それに加えて、日本には美味しい水があります。
美味しい水が美味しいお米を作り、そのお米で美味しい日本酒ができます。
お酒が飲めなくて残念!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック