ライプツィヒからの列車で意外なお喋り

予定を殆ど終えてフランクフルトへ向かう列車はワイマール、エルフルトを通ります。
これらの街も40年前に観光して回った所。
エルフルトから乗って来た大荷物を持った若い女性が隣に座り、パソコンを熱心に打ち始めました。
邪魔しては悪いので、静かにしていたつもりでしたが、次の駅に停まった時思わず「アイゼナッハだわ」と声を出してしまいました。
バッハの生まれ故郷です!
生誕の家が記念館になっていて、できればもう1度行きたかったのです。
すると、隣の女性が私の肩をトントンと叩き、座っている反対側を指し、「あっちにお城が見えて来ますよ!」と教えて下さいました。
 このワルトブルグ城も前回行き、歌合戦の大広間や、ルターが聖書を翻訳したという小さな部屋も見ました。
列車が駅を出発し、ゆっくり左回りである程度走った後、山の上にはっきりお城が見えました。
2人一緒に「、ああ、見えた!」と歓声をあげました。
それからこの方と話し始めました。
聞くとなんと今これから日本に向かうのだそうです。
私は余裕をもって1日フランクフルトで滞在するように予定を組みましたが、彼女はフランクフルト空港からその日の日本行きの便に乗るとのこと。
そして岡山まで行き、ボーイフレンドに会うのだそうです。
台風の事を心配していました。
岡山に住んでいる方から「岡山にはなかなか台風が来ない」と聞いた事を伝えると、ちょっと安心したようでした。
余談ながら、岡山には桃太郎が居るので、台風も岡山を避けるのかも?なんて冗談から、桃太郎のお話をすることになり、私の拙い英語でどこまで伝わったか??自信はありません。
私の英語は詰まるのです。
語彙が足りなくて英単語が出て来ないばかりか、日本語すらさらっと出て来ないのです。
語彙が足りない所は、他の優しい言葉を羅列して「What do you say ?」と訊いて繋げます。大体の方は補足してくださいます。

そして日本に興味があるようなので、是非和歌も、、と、お気に入りの万葉集から一首、これも上記の様につなぎ合わせ、剥ぎ合わせの英語で説明。
何とか伝わったみたいで 「Beautihul!」と言ってくださいました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック