Fの発音

ある時ふと 富士山のフは英語表記では何故「F」を使うのかしらと思いました。
「ふ」なのだから「Hu」で足りるはず。
東京の地図に府中とか船橋とかも「F」を使うのかしら?、、、と

ただ日本人のためのローマ字と英語圏の人たちに分かって貰える日本語の読み方は違うのでは?と思いました。辞書で「H]から始まる言葉を調べたところ、「HU]は「Human」とか 「 Huge」の「ヒューと発音するか 「 hub」とか 「 hug」の「ハ」としか英語では発音しない様です。

「F]の発音は中学の時下唇にはを当てて息を吹きかける音を出すと教えられた事、そして殆どの生徒がその発音はコロッと忘れて 「HU」と読んでいたように思います。
先生もあまり気に留めていなかったように思います。
「F]の発音は日本語にはないのですから富士山を[Fujisan」と表記したら、外人さんは下唇を噛んで「Fu士山」と読むのではないでしょうか?
「HU]と書いて「ヒュ士山」と読まれるよりはましですが。

そして「F]の他に「Ph]もあります。
ある番組で「フィリピン」を2通りで書かれていました。
「F」で始めるのはフィリピンがスペインの統治下だった時の表記で、「PH」は英語を母国語とするアメリカによる影響だと説明されていた様に思います。(ちょっと自信がありませんが)

「F]の下唇にはを当てて息を吹きかけることを思い出して、「F]は「V]の御親戚だと今更ながら気がつきました。
「th」の発音に濁らない(Think,Three)のと、濁った(That,Those) のがある様に。

 英語を習い始めてウン十年、今更なのですが、、。  とても恥ずかしいです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック