冬の晴日は菜々ちゃん大忙し!

冬のお日様の温かさは猫が一番わかっている様です。
日の当たる窓辺の何か布製の物がある上に、丸くなって寝ていらっしゃいます。
その姿を見つけて「あなたいい所にお住まいねえ!」と背中をなでたりします。
ついでにおなかと顎の下も。
唯、太陽は時々刻々動くものですから、菜々ちゃんもそれに合わせて移動します。
だからとても忙しいのです。
お昼過ぎに南と西の窓の間の壁が邪魔してお日様の当たるスペースが細長くなってしまう時間帯があります。
そんな時菜々ちゃんも横たえず、体を縦長にしている様に見えます。
健気な努力ですよね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック