歌ってみると、、+出会い!

先日歌ってみて初めて素晴らしさが実感できるというようなことを書きましたが、出会いというものもあると今また感じています。
バッハの「狩のカンタータ」はいつの頃からか聞いていましたが、NHKで若い女性のピアノ演奏で聴きました。
今迄特に気にも留めなかった第9曲が、突然心にしっとり入って来て 虜になってしまいました。
よく聞いた曲でも こんな出会いがあるのねと驚いています。
オーケストラ伴奏で、2本のフルート、(まるでブロックフレーテの様に素朴な音色)、ソプラノの声に歌詞まで堪能できる演奏の方が心に留まるかとおもうのですが、、、。
私が鈍感なだけなのかもしれません。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック