バーバラ・フリットーリの日本歌曲

先日NHKの番組でフリットーリのリサイタルを聴きました。
アンコールの「桜横丁」の日本語が日本人さながら滑らかで、驚きました。
相当勉強されたのだと思います。
欧米人が日本語で歌うと大仰な発音になってしまいがちですが、なだらかに喋る日本語に近いと感じました。
「が」を発音する時ちょっと余計に時間をかけて、滑らかに丁寧に発音することを心がけているように思いました。
歌い終わって手で顔を隠して拍手に応えていましたが、本人の満足する基準が高くてまだ自信が持てないのでしょうか?恥ずかしそうにしていらっしゃいましたが、その努力が素晴らしいと思います。
勉強熱心な方なのですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック