ハイドンさん ごめんなさい!

先日友人たちと話していて、ハイドンが好きな人と もちろん綺麗だとは思うけれと、、、という人に意見が分かれました。
自己主張とか流れの意外な変化(それが絶妙!)がないのが、何か物足りないと思うのです。
でも撤回します。
ハイドンの仕事はBGMを作曲することで、自己主張の激しい曲を作ってはいけなかったのかもしれません。
刺激的な子守歌や短調の応援歌を作るようなもの。
ハイドンさんにしてみれば「私もそうしたかったけど、殿様の命令は守らなければならなかったのです。」と残念に思っているかも?
楽長さんが勝手な曲を作った為に、本人だけでなく楽師さんたちも路頭に迷う様な事になるかもしれません。 その責任が彼にはあったのでしょう。
自己主張をするには少し早く生まれてしまったのですね。
自由に作曲するには、モーツァルトもボスと喧嘩しなければならなかったのですものね。
ですから謝ります。勝手なことを言って申し訳ございませんでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック