英語の発音 気になるL PL BL

よく英語のRとLの発音の違いは、Rは舌の先をちょっと丸めて、口の中のどこにも舌をつけないようにして発音、Lは舌を上あごにつけて発音すると教えられてきました。
その点では日本語のら行の発音に同じとも、、。
長いことそれを信じてきたのですが、映画やアメリカのドラマなどを英語で聞いてみると、ちょっと違うのでは?と疑問を持つようになりました。
きっかけはPLANという単語が繰り返された時、何故かプランのプラが、私たち日本人の良く知っているカタカナの「プラン」の発音には無い、パチっとはじけるような音が聞えるのです。
PLANE,PLATE,EXPLAIN,COMPLAIN,,,などもそう感じます。
思うに,舌を上あごにつけるのは同じでも、日本語は上あごにつけて、舌を上あごから離す時「らりるれろ」と発音するのに対し、英語では舌を上あごにつけた瞬間に「LA]と発音するのではないか、、、?
だからPLの発音の時、子音から子音に移る時糊でくっつけたほど隙間なく、 PからLが発音される、、、その時パチッとはじけてしまうのだと思います。
上あごに着いた瞬間にPの発音されるからこそ、PとLの間にカタカナで発音した時の「プ」=
「PU]のUが入る余地がないのではないのでしょうか?
考えるとスペルも「PLAN」と書いてあり、Uは必要ならスペルに入っていることでしょう。
(学生の頃、イタリア語の先生が「アイスクリーム」のく=KUは間違いで、C=Kの子音だけを発音するように仰っていたのを思い出します。)
また、BLACK,BLUE,BLOCKなどのBLも、Lを舌が上あごに付いた時発音すると、頼りない聞き取りにくいブラック、ブルーになってしまいます。
よく聞くと、やはりはじけた音も聞こえますが、ネイティブは「B]の発音を、「L]のはじけ音がその影に隠れてしまうほど結構爆発させるようです。
以上が私の秘かな疑問と私なりの解答なのですが、正しい解答をおもちの方は是非教えてください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック