シャーロックホームズ とドン・ジョヴァンニ!

先日放送のホームズの「高名な依頼人」は全体を通してモーツァルトのドン・ジョヴァンニが効果的に使われていました。

依頼人が美しく聡明な将軍の娘が、ドン・ファンの犠牲者になろうとしていると説明する時は、確かドンナ・エルビーラの侍女を誘惑しようと歌うセレナーデ、この曲の途中から 場面が変わる曲に移ります。                 
今迄の犠牲者たちの載っている秘密のノートの新しいページに、ほくそ笑みながら将軍の娘の写真を貼る場面に前述のカタログの歌、まさにこのノートはカタログなのです。
ドン・ジョヴァンニはえり好みしませんが、この犯人はお金持ちの女性に限ります。財産が目当てなのですから。
中国陶器の専門家を騙ったつもりのワトソンが窮地の時、ホームズに次いで犠牲者の1人が現れ復讐を果たします。 その時には ドンジョヴァンニが地獄に落ちる音楽、、すべてピッタリです。
随分前に放送された時見たはずなのですが、45分にカットされていて、カタログの歌の場面などはなかったと思います。
再放送があると思いますので、見逃された方は是非ご覧ください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック