ドルチェは鳥を、、

先日動物の命を護る方の話を書きましたが、それでふと思い出しました
私もトムの散歩中に死にそうな鳥を見つけて、うちに連れて来ました。トムたちの獣医さんに電話しましたら、「僕は鳥はみられない」と言われ、とりあえず水をあげて、ドルチェから守るために籠をかけていました。
鳥が動いて水を浴びてしまい、拭く為に籠を少し開けただけだったのですが、その瞬間2メートルも離れていたにも拘らずドルチェがガブリと鳥に噛みついたのです。
虎視眈々ねらっていたのですね。違う部屋に連れていき、ドアを閉めてから籠を開けなければならなかったことを知りました。
猫があんなに俊敏だとは思いませんでした。あんなにデブなのに、、。
かわいそうに鳥は死んでしまいました。
まるで私がドルチェにとどめを刺させる為に連れて帰ったようなものです。
反省しながら庭に埋葬しました。
猫ってホントハンターなのですね。
その間トムはぽかんとして、何が起こったかもわからなかったかもしれません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック