フィッシャー・ディスカウの水車小屋の娘!

先日ディスカウの水車小屋を聞いてみました。
やっぱりこれだ!と思うことがいくつか、、
この夏聞いていたのは美声ですがちょっと重い声で、フォルテも極端で、夏中頭を押さえられていたみたいでした。ディスカウの声を聴いた途端 空が明るく晴れてきた様に感じました。
加えて言葉が軽いけれど、はっきり聞こえ、ドイツ語の堅さはなく、淡々と話しかけているかのように自然です。これよこれよ!って叫びたいほどでした。

1回通して楽譜とドイツ語を読み読み聞いただけですが、歌詞の最後の子音p、t、f、s、kを殆ど発音していない様です。bedectなどはctが聞えません。
また、装飾音符も流れるように言葉に沿って歌うので、固くありません。
ジェラルド・ムーアの包むような優しい伴奏も美しいです。二十歳の頃も同じように感じました。
全曲を通してまるで私が水車小屋に居て、小川がいつも横で流れているように感じます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック