断捨離の続き、老子曰く、知恵を授かりたいなら、、

たくさんある掃除の本の1冊に「知識を得たいのなら、学んで得るがよい、しかし知恵を得たいのなら持てる物を手放せ!」との老子の言葉が載っていました。
物が無ければ頭を使って替わるものをひねり出すものなのだと思います。
老子先生は偉い!
50代に入った頃からボケが怖くて仕方のない私めです。
昨今ますます思い込みも激しく、今の努力が70,80代になった時少しでもボケの進行を遅らせるのならできる限りするつもりです。
いつか役に立つときがあるかと思ってとってあっても、その存在を忘れて新しく買ったりして更に物が増える、、こんなバカなこともやっています。
頭の体操になるのならと思うと俄然「捨てる」にも価値があるように感じて来ます。
掃除がやりやすくなって、腰への負担が減り、時間の短縮にもなり、「無い」ことで頭を使うのなら、ガンガン捨てましょ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック