私の発音が悪いのか?

10年前ニューヨークに行った時、リンカーンセンターへの道を捜していました。
3人ほどに訪ねたのですが、、リンカーンセンターと聞いて3人とも何それ?という反応でした。
終いには、ドミンゴ、ジェイムズ・モリス,ルネ・フレミングなど思いつくままゆかりのありそうなオペラ歌手を並べたら、ああリンカーン・センターね!とやっとわかってくれました。
彼女はリンカーンのリに強くアクセントをつけ、カーンなどはどうでもいいかの様に曖昧な発音で続け、センターも「セナ」としか聞こえません。
私たち日本人はリンカーンと云う人名を習った時、平らな調子で教えられました。
彼の名前を冠した建物の名前なら当然日本語的に全部平らに発音しても、ネイティブが聞き取るのに何の支障があるだろうくらいに思っていたのです。
リンカーンセンターのそばに居ながらアクセントがつかないだけで、こんなに通じないとは、、、
カルチャーショックでした。
これだから英語は聞き取りにくいのだわ!と痛感しました。

余談ですが、1897年生まれの祖母はリンカーンを「リンコルン」と習ったそうです。
孫3人は笑い転げました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック