後半のコンサートを無料で聞けるおいしいアルバイト!

先日ある方と懐かしい話ができました。
オラトリオを歌ったら宗教曲に魅せられて、マタイ受難曲も歌った事、、、学生の時コンサートのチラシを会場にいらしたお客様に配り、開演後はドアの前に立ち、遅れていらしたお客様にしばし待っていただくバイトをしていた事、中間の長い休憩の後はその後のコンサートは無料で聴けた事、懐かしい話がポロポロ出て来ました。

私も全く同じ思いで宗教曲にはまり、マタイをはじめバッハを歌ってきましたし、あのバイトは最高でした。

日比谷サービスの石井さんという方がその采配をしていて、テキパキとした仕事ぶり、髪型まで私たちの記憶が一致していました。

ふと思い出したのが、岩城宏之さん「のオーケストラの職人たち」という本にその方たちと岩城さんが再開したことが書かれているのです。

かのマエストロも若い時は聴きたくてもチケット完売のコンサート会場に行くと、石井さんがそっと入れてくれたそうです。

”指揮者になってからもこのおばさんたちに出会うと、僕はキヲツケをしてしまうのだった。”と本にも書かれている様に、尊敬と感謝をいつまでもお持ちだったのですね。

彼女の話に戻りますが、カラヤンが飲まれるお茶の用意もしたそうです。

初対面でしたが、西那須野の教会のオルガンコンサートにもお互い聴きに行ったことも合わせると、私たちどこかで会っているわね、、と言いあい、同じ日に働いていたかも?などと思うと世間って狭いとつくづく感じます。     




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック